三狐神 -其ノ壱-




昔々のお話です。




緑豊かな山間の村外れに、小さな祠がありました。

五穀豊穣を祈願するために祀られた場所。

太陽と月が入れ替わるまで、村人たちは足繁くそこに通い、
日々の実りに感謝していました。







祠の両脇には、二体で一対の狐の像がありました。

不思議なことに、いつからあるのか、誰が置いたのか、知る人はいません。
村人たちは手を合わせる帰りに、彼らの足元に作物を並べ、こう声をかけます。

『いつも、どうもありがとう』

そして翌日になると、像の前に並んだ供物は、必ずきれいになくなっているのでした。








やがて時は流れ、

流れ、

流れ。






時代は移り行き、
祠の存在を知る者は、もうどこにもいません。

苔むした参道は虫さえ通らず、
峠越えの旅人もみな、気味悪がって素通りしてゆきます。

豊かな田畑だった場所はすっかり森の一部となり、
かつてここを愛した人々の名を刻んだ石碑が、あちらこちらに寂しく佇んでいました。











--------------- 大地を潤し、風を運び、四季を巡らせた我らの恩恵


--------------- 嗚呼、過去の遺物に過ぎぬというのか





--------------- 悲しい、暗い、冷たい






--------------- 恨めしい









--------------- おのれ、人間め ・・・!!








きれいな満月の夜。

一陣の風が強く吹き、狐の鳴き声が響いたことは
だぁれも知りません。




b0171578_051038.png





b0171578_052493.png





昔々の、お話です。



















「てっちゃーん!早くしないと日が暮れちゃうよ~」





b0171578_14331710.png



「大丈夫ですよ、蘇芳。お天道様はまだあんなに高いじゃないですか」

「途中で、山菜を摘みに寄りたい場所があるの」

「わかりました。ただし、おまんじゅうも買ったんですから長居はしませんよ」

「やったぁ!そうと決まれば善は急げ!」




























「・・・・あれっ?」







b0171578_12474399.jpg



「こんなところに、お社様があったんだぁ」

「普段あまり通らない場所ですから・・・僕たちが気づかなかっただけでしょうか」



















b0171578_14473785.jpg



「なんだか・・・少し、寂しい場所に感じちゃう」

















b0171578_14475997.jpg



「街はずれですし、近く参拝に来られた様子もありませんね」























b0171578_14433732.png



「そういえば・・・」


「てっちゃん、何か知ってる?」


「ここが今の形になる以前、農村地帯だったと聞いたことがあります。
当時の村人は、このお社様を心の拠り所にしていたのかもしれません」


「狐さんは、畑の神様なの?」


「ええ。作物を守る神の遣いとして、崇められているのですよ」


















b0171578_1522832.jpg



「そっか・・・今はこのあたりで畑やってる人はだいぶ減っちゃって、
神様を信じる心が、昔より無くなっているんだね。

だからさっき、寂しいって感じたのかも」



「せめて、僕たちだけでも手を合わせていきましょう」















b0171578_1542138.jpg



「てっちゃん!私、いいこと思いついた!
さっきのおまんじゅう、神様たちにおすそ分けしようよ!」

「なるほど・・・・それはいい考えですね!」















b0171578_156883.jpg









b0171578_15102066.jpg







b0171578_2123384.jpg








b0171578_15111022.jpg









b0171578_15121513.jpg


「できた!ここのおまんじゅうはおいしいから、きっと大満足だよね」
















b0171578_15161336.jpg


「ここにいる神様のこと、私、何も知らなかった。
てっちゃんが教えてくれたおかげだから、二人分の感謝を込めてお供えしたの」

「ありがとう、蘇芳は優しいですね」














b0171578_15193983.jpg


「風も冷たくなってきましたし、そろそろ帰りましょう」


「うん、そうだね!

















b0171578_18103969.jpg


「おかしいですね、ずいぶんと薄暗くなってきました。
蘇芳、少しだけ急ぎましょうか」

「・・・・・・・・うん」
















b0171578_18202895.jpg


「・・・・・・・・・・・・・・ごめん、てっちゃん」


















b0171578_1824167.jpg


「わたし・・・・もう、歩けな・・・・・」

「蘇芳!?」


















b0171578_18242643.jpg



b0171578_18244594.jpg


「蘇芳!しっかり!一体、何が・・・・・」

「あ、たまが・・・・急に・・・・・・」

















b0171578_1829691.jpg


「ごめ・・・・ね、てっちゃ・・・・」

「蘇芳!蘇芳!!」



















b0171578_18303934.jpg


「なっ・・・・・!?」


















b0171578_1831288.jpg


「っう・・・・・頭が・・・・!」

















b0171578_18333641.jpg


「この場所を、出て、いかなくては・・・・
蘇芳・・・・どうか、しっかり・・・・・」













































「・・・・・・・・・・蘇、芳・・・」

















































b0171578_18353418.jpg



b0171578_1836213.jpg


「・・・・・・・・・・体だ・・・・・・」


















b0171578_1837276.jpg


「うまく、いったのか」

「紛うことなく人の子の身だ」



















b0171578_18432372.jpg


「まだ完全ではないな・・・・自由になるのは数刻というところか」

「だが、馴染むのにそうはかからんだろう」
















b0171578_18483583.jpg


「久々の現し世だ。存分に楽しもうではないか」

「言わずもがな、そうするさ」




















b0171578_1849830.jpg













b0171578_18511931.jpg



















沈みゆく夕陽が、先人の眠る石碑を照らし出します。

先ほどまで立ち込めていた陰鬱な影は消え去り、
静寂があたりを包み込みました。


























--------------- あと少し


--------------- あと少し力が戻れば






--------------- 我らは自由だ













蘇芳:ゆず李 藍鉄:沖田鈴 写真:香月


其ノ弐へ続く


[PR]

by tbsuuuuu | 2016-11-30 17:01 | 写真   ◆WEB拍手◆

<< この日がきたので 今日の鏡音 >>