走って逃げたはいいが、








追いかけてくる「未来」・・・・・












b0171578_2102237.jpg





風を切る、自分の呼吸、革靴が踏む砂利の音
















苦しそうなのに、一生懸命に私の名前を呼ぶのが聞こえる

でも、ごめんね、立ち止まれない




走り出してしまったら、引っ込みがつかなくなっちゃったの














お願い、もっと早く!!



もっともっと!







b0171578_2124841.jpg




早く、はやく!
















b0171578_2161453.jpg






はやく!


もっと、はやく!
















早く、届いて・・・・・!
























b0171578_213355.jpg




どうか!



【逃走ロマンティック】


この写真は前編がございますので、よろしければお先にどうぞ!






続きはもっと読むから












もう、




どれ、くらい、





走ったの、かな













部活でタイムを計ってたら

この距離でのベストタイム、更新するくらい














引き離したからもう足音は聞こえない


勢いよく振り向いて、豆粒みたいな大きさの君に、大きく手を振ってみせよう













b0171578_21191210.jpg





それで


それでね



君が私の顔を見えるまで追いついたら

とびっきりの笑顔を見せて、スカートひらり、逃げ出してあげる















そうしたら


また、さっきみたいに


私の名前を呼びながら












b0171578_21193217.jpg






私のことを追いかけてきてくれるでしょう?





















b0171578_2120713.jpg






ねぇ、そうだよね




























b0171578_2121221.jpg
























b0171578_21212530.jpg





















b0171578_21214897.jpg



昔は


そうだった、よね


















ちっちゃいころからずっと一緒にいて、

君のことはなんでも知ってるつもりだった









私がしていることをじーっと見て

いいなぁって眺めて、でもうまくできなかった君



同じ背丈の君に、いつかできるようになるよ!なんて

余裕ぶって笑ってた私だけれど




しばらくして上手にできるようになったとき

一番に私に見せてくれたこと、覚えてるかな





すごくすごく嬉しくて



でも、なんだかちょっと








寂しいな、って思ったんだよ
























b0171578_2128354.jpg




いつの間にか私より背が高くなって


食べ物の好き嫌いがなくなって


張り出されるテストの順位はどんどん上がって


字もきれいになって


知らない子から告白されて・・・・・・























知らないところで


知らない君が増えていく





そんな現実から




















b0171578_2133255.jpg





私、逃げたかったんだ

















私が知ってるのは


目の前の私だけに一生懸命で、必死だった君









私のことを笑わせたり、楽しくさせることに

夢中だった君




























b0171578_21355769.jpg




もっと小さい頃だったら、泣きながらでも追いかけてきてくれたのかな


転びまくって、傷だらけになっても、必死に走ってくれたのかな
























もう、私のこと

そんなに一生懸命じゃなくなっちゃったのかなぁ・・・・・










































































































b0171578_21431964.jpg



























b0171578_21434026.jpg























b0171578_21441871.jpg





「つかまえた!!!」



























「・・・・・・・・・・・・え?」



「え、じゃないよ・・・・・こんな町外れまで、よくずっと走ってこれたな」




「・・・・・・・・・・・・このアイス」
























b0171578_21454671.jpg



「昔よく遊んでた公園の、傍にあった、あのお店の・・・・・・・・?」





















b0171578_21482047.jpg



「買うの久しぶりだから、味が変わってないといいんだけど」

















え、でも





でも、私





その公園の傍は、走ってこなかったよ












あの場所で買ってから、どうやってここまできたの?





どうして?




b0171578_21502673.jpg





どうして、















「あっ」








後ろを向いた私に、君が声をあげる




ちがう

もう逃げない!



















b0171578_2151112.jpg




「なんで、私がこの場所にいるって、わかったの?」





















「・・・・・そうだなぁ」





「中学にあがってあまり一緒に帰らなくなったけど」


「この道は、よく一緒に歩いてたから」


「自然に、こっちのほうかな?と思ったんだ」
















「あ、い、いや!別にいつも帰りの時間にこの場所を陸上部がとおりかかるの知ってるからとか!」

「朝も少し早起きすれば朝練してるところと鉢合わせできるからだとか!」

「そ、そっそんなんじゃ、ない!んだけど!」

「でもホラ朝早くにさ、図書室で勉強するとさ、図書室って二階だしグラウンドよく見えるなぁなんて」

「あ、うん、え、と、だから、たまたま毎日朝早くにいって勉強して」

「たまたま帰りも時間つぶすのに勉強して」

「たまたま、ほんと偶然、それが毎日ずっと続いて・・・・・・」

「いつの間にか、部活忙しい誰かの勉強を手伝いできるくらいになれたってゆうか・・・・」
























b0171578_21535238.jpg




ものすごい早口で、ものすごく恥ずかしいことを言ってる君の声を、背中で受け止める









そう、だったの



そうだったんだね























私が、君から離れていくような

自分を置いて成長してしまうような気がして

頑張って、追いかけてきてくれていたんだね




















お互い追いかけっこしちゃってて


今、ここで追いついた
































「・・・・・・・・・・・・あーあ!」



「えっ!な、なに」






b0171578_2212464.jpg



「つかまっちゃった!」






















b0171578_2217543.jpg





















b0171578_22172189.jpg





全力疾走は、これでおわり


これからはもう少し、お互いのペースをあわせて、歩いていこう























近すぎて見えなくなっちゃったら

たまに走って距離をおいて、退屈させないでね


でも、傷つくことはしちゃいやだよ




















大事なものは、こんなにすぐ近くにあったんだ

幸せになれる気持ちも、たくさんあったんだ



気づかせてくれた君のこと、やっぱり私・・・・・・・・


















「あっ、あの!」


「えっ?何?」

















b0171578_22225594.jpg



「・・・・・・って、てっ、て、手、つな」




















ほんと、笑っちゃう

こんな君知らない











でも、私しか知らない、君



















b0171578_22255064.jpg



「うん、繋いで帰ろ」
















追いかけて、追いかけられて




きっとずっと続いてく

全力じゃない、お互いが見えるくらいの追いかけっこ
























これからも、この道を一緒に!





b0171578_22302076.jpg




【逃走ロマンティック】


リン:ゆず李
レン:すー

写真:ママン












ものすごーく懐かしい写真を引っ張り出してきました!^0^
撮影は3年近く前?かな^^

この日は一日車で移動しながら、あちこちで走りまくってきました!

もともと学生時代は・・・・・・
ゆず李が文化部、私が運動部だったので、
私のほうが体力あるんじゃね?走るの早いんじゃね?
とか言いつつ撮影始めたら



b0171578_22325429.jpg
疾風のごとく!!!

はええええええええ!




なにおう私も負けてられないぜ!






ウオオオオオオオオオ



b0171578_2234888.jpg
ぬぅっ




・・・・・・・・・・・・・こんなはすでは!!!щ(゚Д゚щ)


クツがゆるかった(言い訳








ところでこのアイスはゆずこが作ってくれたフェイクですよ~!
本物みたいですよね!

だからこんなこともできる!

b0171578_22424563.jpg

イエーイ写ってるゥ~??★







あとはなぞの流れ写真。

b0171578_22444431.jpg

b0171578_22434156.jpg

b0171578_22445995.jpg

b0171578_2246521.jpg

b0171578_22465679.jpg

b0171578_22472071.jpg

勝手に遊んで勝手に去る人ら。






b0171578_2237287.jpg

楽しいロケでした!
お疲れちゃん!
[PR]

by tbsuuuuu | 2013-04-22 22:13 | 写真   ◆WEB拍手◆

<< 鼻のしたに 一番最近の撮影! >>